2010年05月16日

普天間「人間の鎖」へ行ってきました!

5月16日、大雨の中、沖縄普天間基地包囲行動へ参加してきました。周囲13キロを人間の鎖でつなぐ一大行動。奈良からは、2名参加。飛行機の中で隣の席の人も集会参加する人でした。
沖縄協同病院でバスを待っていると「今日は大雨なので参加者が心配」と職員の方。案の定、包囲の鎖はなかなかつながらない「400メートルあいている」「そこの方(安保破棄実行委員と大阪民医連)移動して下さい」と言われてかなりの距離をいわれるままに移動。奈良の旗を持ってこなかったので大阪民医連の旗のもとに動く。通り過ぎるところどころで「わざわざ大阪からありがとうございます」と手を合わさんばかりにおじぎをされる。「いえいえ奈良からでんねん」といちいち訂正してられないので「はいどうもどうも」と恐縮しながら移動。沖縄医療生協の組合員さんらしい「◎▼支部」という旗が延々と続く。

そうこうしている内に、午後2時1回目の合図・・・どうやらつながらなかったようす。残念。そこへ、幸福実現党の宣伝カーが「日米同盟は必要です」と妨害宣伝。その後から、8台くらいの右翼の街宣車が、それらしいあんちゃんをいっぱいのっけて妨害宣伝。大阪やったら挑発に乗って食ってかかるところだが、沖縄の人は静かだ。というより動じない。静かな闘志を長い間蓄えてきたのかもしれない。65年もの間。

2回目の合図。ようやくつながった様子。あちこちで拍手がおこる。大雨洪水警報も出てる中、参加者は減らず、30分後の3回目も成功。靴の中まで、ぐじゅぐじゅになりながらも、歴史的な人間の鎖に加われたことで達成感いっぱい。奈良、健生会代表として本土と沖縄のかけはしの一つになれたようでとても誇りに思いました。参加させていただきありがとうございました。
posted by 大和高田平和委員会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。