2010年11月20日

大和高田9条の会5周年記念総会

大和高田9条の会は11月13日 エルトピア中和にて 会結成5周年を記念して、フリージャーナリストの西谷文和さんを招いて「アフガン、イラク〜報道されない現実〜」と題した講演会を開催しました。土庫病院の青年職員が事務局を手伝い、設営や組織に尽力、75名の参加者が会場を埋めました。
 西谷さんは、「10月6日から20日まで、6度目のアフガン取材に行ってきました。今回は、NATO軍基地の中に入り、米兵のインタビューに成功しました。かれらは横田、三沢、横須賀、そして沖縄から来ていました。アフガンやイラクに出撃するため、日本に基地がある」と。米兵のインタビューの他、避難民キャンプ、病院の様子、アフガンでも奇形児がたくさん生まれており米軍の劣化ウラン弾による影響の可能性が高いこと、日本が税金を出費したISAF軍によって治安は回復していないこと、などを、最新映像で紹介してくれました。
 JIM-NETの青年によるイラクの子供の絵の紹介や物品販売なども行われ、多数の参加者の輪ができていました。参加者は「初めてみました。なぜ日本のマスコミはこのことを報道しないのでしょう。在日米軍の役割も、アフガンの戦争に日本が加担している実態も」「イラクやアフガンのこどもたちとのささやかな連帯ができてよかった」など感想を寄せていました。
posted by 大和高田平和委員会 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

無事成功しました

11月13日の大和高田9条の会結成5周年記念講演に多くのご協力いただきありがとうございました。
当日の設営撤収もスムーズにいき、参加者も予想を超えて約75名の参加になりました。

IMG_0054.jpg
posted by 大和高田平和委員会 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メールからの投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。