2010年09月02日

原水爆禁止世界大会報告会開催

8月30日、健生会代表6名と友の会代表1名の原水爆禁止世界大
会参加報告会を土庫病院で行いました。職員47名が参加。1年
目研修医の医師より「普天間基地問題の分科会に参加した。海
兵隊は抑止力ではなく、沖縄の基地は、あまりに危険で先進国
では絶対につくれない。エクアドルやフィリピンで米軍基地は
撤去された。現状を知ることと、われわれにもできる」ことが
報告されました。

1年目介護職員より「世界大会にこんなにたくさんの人が参加し
ていることに驚かされました。核兵器がなくなるまで死ねないと
いう被爆者の方たちの決意に圧倒されました。忙しい日常の中で
せっかく学んだことをどう伝えればいいか?しっかり考えていき
たい」

1年目事務職員より「国連事務総長もアメリカ政府代表も来ると
いう画期的な大会でした。核兵器廃絶は今までドリームだったが、
世界の常識になりつつあるという海外代表の報告にじんときまし
た。」

同じく1年目事務職員より「呉基地行動に参加。危険な弾薬庫や
基地が被爆地広島からも近いところにあることに驚き。どのよう
にしたら関心のなかった人に心をひきつけることができるか考え
ていきたい」と発言。

 友の会代表は「30年ぶりに参加しました。被爆65年目の節目の
年に若い人が元気でした。地域の平和委員会の取り組みの大切さ
を感じました」

今年NPTも広島大会にも参加した副院長からは「NPTの成果
を見届けたいと思って参加した。平和市長会議の期限をきって廃
絶をめざすべき、という提案に共感。この10年が本当の勝負にな
ると思う。どういう形でもいいから平和にかかわっていってほし
い」と訴えられました。

1年目職員を中心に被爆体験の聞き取りを始めたいと決意表明が
されました。houkoku.jpg
posted by 大和高田平和委員会 at 00:00| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

長崎原爆の日9の日行動に14名参加

今回の9の日行動は、長崎原爆投下の日でしたので、
近鉄高田駅前で核兵器廃絶署名を中心に訴えました。
16時から30分の行動でしたが14名の参加で26筆の
署名が集まりました。

長崎の原爆の日でしたが、通行人の関心は普段とそ
れほど変わらないように思えました。
それでも、外国人男性(奥さんは日本人の子ども連れ)
が一旦は断りながらも、熱心な訴えに署名に応じて
くれる一幕もありました。
世界大会から帰ってきたばかりの3人も頑張ってい
ました。また、ピースマーク入りのTシャツを着て
の参加者も。かなり気合が入っていると思いきや、
たまたまだったそうです

「原爆パネルをもっとたくさん持ってきて宣伝すれば、
効果があるんじゃないですか」とのご意見もいただき
ました。
posted by 大和高田平和委員会 at 00:00| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

普天間「人間の鎖」へ行ってきました!

5月16日、大雨の中、沖縄普天間基地包囲行動へ参加してきました。周囲13キロを人間の鎖でつなぐ一大行動。奈良からは、2名参加。飛行機の中で隣の席の人も集会参加する人でした。
沖縄協同病院でバスを待っていると「今日は大雨なので参加者が心配」と職員の方。案の定、包囲の鎖はなかなかつながらない「400メートルあいている」「そこの方(安保破棄実行委員と大阪民医連)移動して下さい」と言われてかなりの距離をいわれるままに移動。奈良の旗を持ってこなかったので大阪民医連の旗のもとに動く。通り過ぎるところどころで「わざわざ大阪からありがとうございます」と手を合わさんばかりにおじぎをされる。「いえいえ奈良からでんねん」といちいち訂正してられないので「はいどうもどうも」と恐縮しながら移動。沖縄医療生協の組合員さんらしい「◎▼支部」という旗が延々と続く。

そうこうしている内に、午後2時1回目の合図・・・どうやらつながらなかったようす。残念。そこへ、幸福実現党の宣伝カーが「日米同盟は必要です」と妨害宣伝。その後から、8台くらいの右翼の街宣車が、それらしいあんちゃんをいっぱいのっけて妨害宣伝。大阪やったら挑発に乗って食ってかかるところだが、沖縄の人は静かだ。というより動じない。静かな闘志を長い間蓄えてきたのかもしれない。65年もの間。

2回目の合図。ようやくつながった様子。あちこちで拍手がおこる。大雨洪水警報も出てる中、参加者は減らず、30分後の3回目も成功。靴の中まで、ぐじゅぐじゅになりながらも、歴史的な人間の鎖に加われたことで達成感いっぱい。奈良、健生会代表として本土と沖縄のかけはしの一つになれたようでとても誇りに思いました。参加させていただきありがとうございました。
posted by 大和高田平和委員会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。